メインコンテンツ ここから

[海外エコニュース一覧]

【ドイツ】2018.10.10 発表

ドイツ ドイツ徒歩交通戦略の概要を提示

 ドイツ連邦環境庁は、ドイツ徒歩交通戦略の概要を示した。これは、10月12日にベルリンで開催される第2回ドイツ徒歩交通会議の場で紹介され、連邦政府、州政府、自治体それぞれの代表者によって議論される。ドイツ連邦環境庁は、ドイツ徒歩交通戦略により、より多くの人々が徒歩交通を選択し、徒歩交通がさらに安全でバリアフリーになることを目指す。ドイツでは、歩行者は、排気ガスや騒音、さらに事故の危険性に悩まされている一方で、自動車による移動の5分の1は2キロメートル未満の距離であるとする調査結果が示されており、これらの移動のほとんどは徒歩での移動が可能であると指摘されている。連邦環境庁は、徒歩交通をより魅力的にするために、テンポ30(速度30キロメートル制限)の導入や徒歩交通に敵対する行為に対する罰金の増額、開発計画における徒歩交通に関する規定の導入といった対策を進めていくとしている。ドイツ全体では、2030年までに、移動における徒歩交通の割合を、都市部で41%、農村部で35%に増やすことを目指している。【ドイツ連邦環境省】

前のページへ戻る

【PR】

 

ログイン

ゲストさん、

[新規登録] [パスワードを確認]

エコナビアクションメニュー

【PR】

  • 東京環境工科専門学校 コラム連載中!
  • Arch Joint Vision