メインコンテンツ ここから

[海外エコニュース一覧]

【ドイツ】2018.10.12 発表

ドイツ シュトラウビング市の自転車交通インフラ整備に250万ユーロを拠出

 ドイツ連邦環境省は、国家気候イニシアティブの枠組みで、シュトラウビング市の自転車交通インフラストラクチャーの整備に250万ユーロを拠出することを公表した。シュトラウビング市は、これにより、自転車道の改善、魅力的な自転車ルートづくり、公共の自転車レンタルシステムを構築するとしている。ドイツ連邦環境省は、2016年以降、連邦コンテスト「自転車交通による気候保護」を通じて、自転車交通状況を改善する模範的なプロジェクトを支援してきた。これにより、温室効果ガスの排出量の削減だけでなく、地域における生活の質の改善にもつながるとしている。これまで、38の単独プロジェクトと18の連携プロジェクトに対し、約8500万ユーロを支援している。【ドイツ連邦環境省】

前のページへ戻る

【PR】

 

ログイン

ゲストさん、

[新規登録] [パスワードを確認]

エコナビアクションメニュー

【PR】

  • 東京環境工科専門学校 コラム連載中!
  • Arch Joint Vision