メインコンテンツ ここから

[海外エコニュース一覧]

【イギリス】2018.09.24 発表

イギリス、2030年までに世界の海洋の30%を保護することを呼びかけ

 イギリス政府は、ニューヨークで開催中の国連総会で、2030年までに世界の海洋の30%を保護することを国際社会に呼びかけた。現在、海洋保護区に指定されているのは世界の海洋の10%に満たず、生物多様性条約(CBD)締約国は2020年までに10%を保護区にすることを目標にしている。イギリスは、2018年11月にエジプトで開催されるCBD第14回締約国会議(COP14)で、新目標について交渉するという。
 イギリスは同国沿岸の20万平方マイル以上をすでに保護しており、41の海洋保護区の新設を提案している。実現すれば、海洋保護区ネットワーク「ブルーベルト」の過去最大の拡張となる。イギリス海外領土では2020年までに400万平方キロメートル以上を保護することを約束している。イギリスは2018年中に海洋の保護と持続可能な利用のための国際海洋戦略の公表を予定しており、世界の海洋保護を主導していくとしている。【イギリス環境・食糧・農村地域省】

前のページへ戻る

【PR】

 

ログイン

ゲストさん、

[新規登録] [パスワードを確認]

エコナビアクションメニュー

【PR】

  • 東京環境工科専門学校 コラム連載中!
  • Arch Joint Vision