メインコンテンツ ここから

[海外エコニュース一覧]

【】2018.08.22 発表

フィンランド、世界の水安全保障のための新戦略を公表

 フィンランド環境省は、2030年までの水に関する国際貢献の枠組みとなる「フィンランド・ウォーター・ウェイ」戦略を公表した。河川や地下水が豊かで10万以上の湖を有する同国は、水が持続可能な開発に不可欠な要素であるとの認識のもと、過去数十年にわたり水の管理と持続可能な利用に投資してきた。その専門知識と技術を世界の水問題の解決のために提供する。戦略は、持続可能な開発目標6に対応しており、1)持続可能な開発のための水、2)人間のための水、3)平和のための水、の3つの大きな目標を設定、持続可能な水資源管理、安全な飲料水と下水設備の確保、平和維持のための公平な水利用に取り組む。目標達成の手段として、官民や市民社会の連携を強化することや、水部門のイノベーションを世界市場にパッケージとして提供することなどが盛り込まれた。戦略は5つの省が連携して実施し、アールト大学が研究面で支援し、フィンランド水フォーラムが部門間の調整役を担う。【フィンランド環境省】

前のページへ戻る

【PR】

 

ログイン

ゲストさん、

[新規登録] [パスワードを確認]

エコナビアクションメニュー

【PR】

  • 東京環境工科専門学校 コラム連載中!
  • Arch Joint Vision