メインコンテンツ ここから

[国内エコニュース一覧]

【地方自治体】2018.06.15 発表

福岡市、緑のカーテンコンテスト 家庭や職場の省エネ推進

 福岡市は、アサガオやゴーヤなどのつる性植物で建物の窓や壁を覆って日差しを遮り、室温の上昇を抑える「緑のカーテン」を広めようと、コンテストを実施する。市内で緑のカーテンづくりに取り組む個人や団体の参加者を募集している。
 対象は、市内で今春以降、アサガオ、ゴーヤ、ヘチマなどで緑のカーテンづくりに取り組んでいる個人や団体。家庭部門(戸建ての部、集合住宅の部)と団体部門がある。
 応募用紙に必要事項を記入し、取り組み状況を記入したレポートとともに、緑のカーテンの写真を添付して市環境・エネルギー対策課に郵送、Eメール、持参で提出する。応募用紙は市役所1階情報プラザや各区役所などで配布しているほか、市ホームページからダウンロードできる。
 各部門から最優秀賞(1組)、優秀賞(4組程度)、新人賞(1組)を選定し表彰する。応募者には漏れなく参加賞を贈る。受賞者は、10月に市内で開催予定の「環境フェスティバルふくおか2018」で表彰する。
 

プレスリリース

http://www.city.fukuoka.lg.jp/kankyo/midori_no_katen_contest_1.html

記事に含まれる環境用語

前のページへ戻る

【PR】

 

ログイン

ゲストさん、

[新規登録] [パスワードを確認]

エコナビアクションメニュー

【PR】

  • 東京環境工科専門学校 コラム連載中!
  • Arch Joint Vision