メインコンテンツ ここから

[国内エコニュース一覧]

【環境省】2018.07.05 発表

名古屋港におけるヒアリの確認について

 環境省は、平成30年7月3日(火)に、名古屋港で発見されたアリ(約20個体)について、専門家による同定の結果、7月5日(木)に特定外来生物であるヒアリ(Solenopsis invicta)と確認されたと発表した。
 
 このヒアリは、中国・廈門(アモイ)港より出港した貨物船にて、名古屋港鍋田ふ頭(愛知県弥富市)で陸揚げされ、陸路にて同港飛島ふ頭(愛知県海部郡飛島村)の事業者敷地に運ばれたたコンテナ(1個)内及び搬出した積荷の周囲で発見されたもの。すべて働きアリ。

 発見時に確認された個体については、すでに全て殺虫処分し、確認地点付近やコンテナが一時的に留め置かれた地点周辺では、名古屋港管理組合等と協力して殺虫餌等を設置している。


【環境省】

プレスリリース

http://www.env.go.jp/press/105726.html

記事に含まれる環境用語

前のページへ戻る

【PR】

 

ログイン

ゲストさん、

[新規登録] [パスワードを確認]

エコナビアクションメニュー

【PR】

  • 東京環境工科専門学校 コラム連載中!
  • Arch Joint Vision