メインコンテンツ ここから

[海外エコニュース一覧]

【イギリス】2018.06.10 発表

イギリス、重大・組織的な廃棄物犯罪の包括的調査を開始

 イギリス環境・食糧・農村地域省(DEFRA)は、「重大で組織的な廃棄物犯罪」に関する包括的なレビューを開始する。レビューチームは2018年9月までの4か月で、
・廃棄物犯罪の規模と性質、犯罪組織の種類
・廃棄物犯罪が環境、地域社会、経済に及ぼす影響
・環境庁の対応状況
などを幅広く検討し、その結論と今後の戦略的対策案をDEFRA大臣に提出する。DEFRAはこのレビュー開始に併せ、より幅広い情報を得るため、廃棄物犯罪の取り締まり方法について国民への情報提供の呼びかけも開始した。
 廃棄物の不法投棄、違法な投棄場の運営や廃棄物輸出、廃棄物の埋め立て処分税の脱税など、廃棄物犯罪は適正な処理事業者を妨害し、近隣地域に悪臭や害虫、火災の被害を及ぼす。これによりイングランド経済が被る負担は年6億ポンドを超えるという。また違法廃棄物事業は、窃盗、詐欺、人身売買、麻薬・銃器取引などの犯罪の隠れ蓑になっているという報告もある。【イギリス環境・食糧・農村地域省】

前のページへ戻る

【PR】

 

ログイン

ゲストさん、

[新規登録] [パスワードを確認]

エコナビアクションメニュー

【PR】

  • 東京環境工科専門学校 コラム連載中!
  • Arch Joint Vision