メインコンテンツ ここから

[国内エコニュース一覧]

【】2018.05.31 発表

王子HD、自然体験型環境教育プログラムの参加者募集

 王子ホールディングス株式会社は、公益財団法人日本環境教育フォーラムと協働で、王子グループの工場・社有林などを活用した、子ども向けの自然体験型環境教育プログラム「王子の森・自然学校」を、2018年7月から8月に北海道・栃木県・静岡県・広島県の4カ所で開校する。

 王子グループは、国内に約700カ所、約19万ヘクタールの社有林を維持・管理し、森林の持つ公益的機能の維持に努めており、この社有林を活用した社会貢献活動として実施する。

 製紙工場見学、植林や間伐、紙すき体験など、森林の育成は活用に関連したプログラムに加えて、開催地における自然の特徴を活かして、自然観察・ツリークライミング・川遊び・キャンプなどを盛り込んだ、宿泊型の自然体験型環境教育プログラムとなる。
 小学4年生から6年生までを対象としており、各校20名までの抽選となっている。申込は2018年6月30日必着。

 詳細はプレスリリース参照。

【王子ホールディングス株式会社】

前のページへ戻る

【PR】

 

ログイン

ゲストさん、

[新規登録] [パスワードを確認]

エコナビアクションメニュー

【PR】

  • 東京環境工科専門学校 コラム連載中!
  • Arch Joint Vision