メインコンテンツ ここから

[海外エコニュース一覧]

【ドイツ】2018.03.26 発表

ドイツ ベルリンで実証中の自動走行シャトルバスプロジェクトを支援

 ドイツ連邦環境省(BMU)は、ベルリンで実証試験中の自動走行シャトルバスプロジェクトに対し、320万ユーロを支援している。これは、大学病院施設であるシャリティーとフィルヒョウ病院で実施されているもので、ベルリン交通公社(BVG)とシャリティー、ベルリン州が進める共同プロジェクトである。路線は3本あり、シャリティーが道路と充電インフラを、BVGが自動運転車両の運行を担当している。また、シャリティー医療社会学・リハビリテーション科学研究所とベルリン行政局が顧客の受容に関する調査を担当する。現在の実証段階ではバスには乗務員が乗車しているが、今後、完全にドライバーレスによる運航が実証される予定である。プロジェクトでは、特に、公共交通機関下車後、目的地に至るまでの最終的な道のりにおいて自動走行が適しているか調査することに重点が置かれる。「ドアツードア」で目的地に到着できることは公共交通機関の選択において重要であるとしている。【ドイツ連邦環境省】

前のページへ戻る

【PR】

 

ログイン

ゲストさん、

[新規登録] [パスワードを確認]

エコナビアクションメニュー

【PR】

  • 東京環境工科専門学校 コラム連載中!
  • Arch Joint Vision