メインコンテンツ ここから

[国内エコニュース一覧]

【環境省】2017.10.20 発表

北九州港におけるヒアリの確認について(平成29年9月15日、10月2日、10月12日の続報)

 環境省は、9月15日にヒアリ(Solenopsis invicta)が確認された福岡県北九州市北九州港の太刀浦第1コンテナターミナルにおいて、専門家による現地調査を10月19日に行ったところ、同コンテナターミナル内のアスファルト割れ目でヒアリが確認されたと発表した。
 確認した個体数は、数百個体以上で、働きアリ、幼虫・サナギを含む。

 確認されたヒアリは全て薬剤で殺虫しているが、当該箇所のアスファルトの深部にさらにヒアリが生息している可能性があるため、北九州市が今後付近のアスファルトを掘削し、ヒアリ生息状況を確認、殺虫処理を行った上で、掘削部にコンクリートを充填する予定。

 なお、6月の国内初確認以降、これまでのヒアリの確認事例は10月20日現在で12都府県、合計22例で、本件は18例目の事例の続報。

【環境省】

プレスリリース

http://www.env.go.jp/press/104729.html

記事に含まれる環境用語

前のページへ戻る

【PR】

 

ログイン

ゲストさん、

[新規登録] [パスワードを確認]

エコナビアクションメニュー

【PR】

  • 東京環境工科専門学校 コラム連載中!