メインコンテンツ ここから

[国内エコニュース一覧]

【環境省】2017.10.16 発表

横浜港におけるヒアリの確認について(平成29年10月6日の続報)

 神奈川県横浜市横浜港大黒ふ頭のコンテナヤード内において特定外来生物であるヒアリ(Solenopsis invicta)が確認され(平成29年10月6日既報)、その後の調査で、10月5日及び10月13日に発見されたアリがヒアリと確認された。発見されたアリ(計5個体)は働きアリ。

 発見時に既に死亡しており、また発見地点周辺には、継続して殺虫餌(ベイト剤)及びトラップを設置している。
 
 なお、6月の国内初確認以降、これまでのヒアリの確認事例は10月16日現在で12都府県、合計22例で、本件は21例目の事例の続報となる。
 また、本件は68港湾におけるヒアリ調査での発見事例としては、5例目にヒアリが発見されたもの。

【環境省】

プレスリリース

http://www.env.go.jp/press/104701.html

記事に含まれる環境用語

前のページへ戻る

【PR】

 

ログイン

ゲストさん、

[新規登録] [パスワードを確認]

エコナビアクションメニュー

【PR】

  • 東京環境工科専門学校 コラム連載中!