メインコンテンツ ここから

[国内エコニュース一覧]

【環境省】2017.10.13 発表

川崎市内におけるアカカミアリの確認

 環境省は、10月4日(水)に神奈川県川崎市川崎区の事業者敷地内に搬入されたコンテナ内において同事業者により発見されたアリ(約10個体)について、専門家による種の同定の結果、10月13日(金)に特定外来生物であるアカカミアリ(Solenopsis geminata)と確認されたと発表した。

 当該アカカミアリは、シンガポール・シンガポール港を出港し、中国・香港港、東京港を経た後、横浜港で陸揚げされ、陸路にて川崎市川崎区の事業者敷地内に運ばれた貨物コンテナ(1個)内部より発見されたもの。働きアリ(約10個体)のみ。

 発見時に確認された個体については、すでに全て殺虫処分しており、発見地点周辺や当該コンテナが一時的に留め置かれた地点周辺では、川崎市及び事業者によりベイト剤(殺虫餌)及び粘着トラップが設置されている。

【環境省】

プレスリリース

http://www.env.go.jp/press/104692.html

記事に含まれる環境用語

前のページへ戻る

【PR】

 

ログイン

ゲストさん、

[新規登録] [パスワードを確認]

エコナビアクションメニュー

【PR】

  • 東京環境工科専門学校 コラム連載中!