メインコンテンツ ここから

[海外エコニュース一覧]

【国連】2017.08.28 発表

世界気象機関、ハリケーン「ハービー」により甚大な洪水被害が発生と報告

 世界気象機関(WMO)は、ハリケーン「ハービー」による未曽有の豪雨により、テキサス州南東部及びルイジアナ州南東部に壊滅的な洪水が発生したと報じた。8月24日以降、テキサス州南東部の大部分では雨量が762~889mmを上回り、局地的に1067mmに達したという。「ハービー」はその動きが極めて遅かったため、降雨の継続時間やその影響が増大し、広い地域にその被害が及んだ。2005年以来、アメリカではハリケーン「ウィルマ」に加え、少なくとも3つの大きなハリケーンが発生しているが、堤防などの安全対策だけではその被害を防ぐことはできない。緊急時の対策に加え、ハザードマップや洪水予測・洪水警報など予防的措置を組み合わせることが重要である。カギとなるのは、天候や河川のリアルタイムでのデータや水門モデルだけでなく、十分な訓練を受けた専門家、そして政府と市民の間の、また気象学や水文学、意思決定者など様々な部門間での切れ目のない情報交換である。気候変動とハリケーンとの関係は引き続き研究されており、ハリケーン発生時の降水量の増加は、気候変動による可能性が高いという。【世界気象機関】

前のページへ戻る

【PR】

 

ログイン

ゲストさん、

[新規登録] [パスワードを確認]

エコナビアクションメニュー

【PR】

  • 東京環境工科専門学校 コラム連載中!