メインコンテンツ ここから

[海外エコニュース一覧]

【フランス】2017.02.09 発表

フランス、自転車通勤奨励制度を推進

 フランス環境エネルギー管理庁(ADEME)は、民間企業等の従業員自転車通勤手当(IKV)に関する省令の施行1年を機に進捗状況を発表した。同令施行後、ADEMEはロワイヤル環境大臣らの支援のもと、Clube des villes et des territoires cyclables(自転車による移動を推進する自治体ネットワーク)と共同でIKV情報サイト(Observatoire)を開設した。このサイトでは実施団体リストのほか、企業のためのIKV情報(よくある質問、自転車通勤の利点などの資料、IKV実施のための書式など)を提供している。ADEMEによると、これまでに同サイトに取り組み状況の情報を寄せた企業は45社(情報提供は任意)で、対象となる従業員は約4万人に達した。企業の規模は中小が多いが、従業員5000人以上の大手企業も3社ある。交通手段に関する計画を策定・実施している企業は全体の半分、自転車と公共交通を利用した通勤でIKVと交通運賃との併用を認めている企業も半分だった。200ユーロを上回る手当上限を設定した企業は28%だった。
 ADEMEと同ネットワークは協力してIKVの推進と企業への支援を行っており、企業のための実践的情報ツール(IKVユーザーマニュアル、IKVの予算作成のためのシミュレータ、書式類)をこのほど作成した。【フランス環境エネルギー管理庁】

前のページへ戻る

【PR】

 

ログイン

ゲストさん、

[新規登録] [パスワードを確認]

エコナビアクションメニュー

【PR】

  • 東京環境工科専門学校 コラム連載中!