メインコンテンツ ここから

オビワンさんのエコ日記 一覧

表示件数:

 キーワード検索:


総件数:20件 PAGE 1/2 1 2

オビワンさん

ガンバッタ:10点

2013.11.07


[写真を拡大]

アゲハチョウ(だと思う)のさなぎを東京港区内で発見。
できたてのほやほやといった感じ。幹線道の歩道脇、ビルの塀の膝丈ぐらいにあった。そっとしておいてほしいが・・・。

7拍手

拍手する

オビワンさん

ガンバッタ:10点

2012.12.13


[写真を拡大]

ミノムシは、ミノガヤドリバエという外来種の寄生虫によって、絶滅の危機に瀕しているとのこと。わが家の夏椿にぶら下がっているのはミノムシと思われ、少しホッとしたので、ご報告。擬態めいたミノにご注目。

12拍手

拍手する

オビワンさん

ガンバッタ:10点

2012.11.05

知床のやせ細ったヒグマの画像は、何となく哀れを誘った。その所為か、道路端で餌やりをする人がいるようだ。でも、ヒグマの怖さはあまり伝えられない。ずば抜けた身体能力を有している。ときに猟師を欺いたりもする(「止め足」と呼ばれるものが代表的)。冬眠しないものもいるという。野生動物との距離感を見誤ると、双方に不幸を招き寄せ、命取りにもなりかないと危惧している。

11拍手

拍手する

オビワンさん

ガンバッタ:10点

2012.09.21


[写真を拡大]

「ボランティアにも大変感謝しています。気軽に観光に来ていただいくのでも、復興の応援になります」写真は、気仙沼大島の亀山山頂から、気仙沼湾の大島瀬戸を臨んでいる。津波は、この瀬戸を油と瓦礫に引火した炎で覆い尽くし、その炎は亀山山頂まで這い上って、鎮火に1週間ほどかかったとのこと。松の根元があちこちで黒焦げていた。1年半過ぎても、復興は、まだこれから。また、訪ねようと思う。

15拍手

拍手する

オビワンさん

ガンバッタ:10点

2012.07.26


[写真を拡大]

ショウリョウバッタ(精霊蝗虫)の幼虫(だと思う)を家の前で発見。オシロイバナが巨大に見えるほど小粒なので、それだけで何となく愛らしい。ピントズレはお許しを。

16拍手

拍手する

オビワンさん

ガンバッタ:10点

2012.07.05


[写真を拡大]

新橋で見かけた新築ビル。非常階段に蔦状の植物をからませていた。かなりの高さがあるので、鬱蒼と繁茂すればそれなりのボリュームになると思う。都会の限られたスペースで、ビルの緑化をするのにこんな手があったんだと見上げた次第。

14拍手

拍手する

オビワンさん

ガンバッタ:10点

2012.04.26


[写真を拡大]

子供の頃、時代劇で小判を「山吹色」とよく耳にした。今もあるかもしれないが。この時季に花を咲かせる山吹の花と小判の黄金色がつながったのは、意外とあとのことだった。柑子色、萱草色など色を例えることばは結構多様にある。これも自然界の恩恵のひとつのように思う。山吹の花を目にするとつい思いをいたしてしまう。

16拍手

拍手する

オビワンさん

ガンバッタ:20点

2012.02.03

文字通り日本列島が凍えるような寒気に覆われた。我が家は給湯がダウン。北国でもなければ、大雪でもないのにである。
そんななか、2月1日に大分で、うぐいすの初鳴(昨年より14日早く)、2月2日に宮崎で、ひばりの初鳴(昨年より9日早く)が観測されたと出ていた。わけもなくうれしい。明日は立春。寒いけれども、季節の胎動に五感を開いておこうと思った次第。

15拍手

拍手する

オビワンさん

ガンバッタ:10点

2011.10.27

スズメバチの被害が聞かれる季節となった。
小学生のころに、ミツバチ、アシナガバチ、黄色スズメバチに刺された。中学生の時に右手の人差し指をハナバチに刺された。そうしたらまたたくまに指先から肘まで、マシュマロマンのようにパンパンに腫れてしまった。病院で注射してもらってことなきをえたことがある。用心しましょう。

16拍手

拍手する

オビワンさん

ガンバッタ:20点

2011.09.29


[写真を拡大]

宿泊先で目にしたエコ。
バイキングの際にテーブルに置いておく部屋番号の札は、平成16年の台風で流れ着いた樹で作られていた。こういった手作り感の愉しげな演出が結構好きなので、よく利用している。でも、予約を取るのは容易ではない。予約が取れたかと思えば、台風に出くわしてしまう。

27拍手

拍手する

オビワンさん

ガンバッタ:30点

2011.09.07


[写真を拡大]

オシロイバナが花開いた。ちょっと遅れ気味だけれども。紅白の絞り染めみたいな花が珍しいのかと思ったら、こういうのもあるそうだ。オシロイバナには赤、白、黄の遺伝子があって、ミックスの発現も珍しくないらしい。花の遺伝ってどんな経路をたどるのだろう。今ひとつイメージできない。勉強してみたい。我が家のものは黄色が弱いのか、同じ枝に赤と赤白、白が咲いている。わるくない。

15拍手

拍手する

オビワンさん

ガンバッタ:40点

2011.07.23


[写真を拡大]

幻冬舎エデュケーションさんのカードゲームを購入。

デジタルワールドないまどきにと思われるかもしれないが、こういった原始的な(?)ものもわるくない。いや、むしろ手元に確かな感じがする。「節電」が盛り込まれていて、もちろんカードだけで遊ぶ。あの幻冬舎さんというのもおもしろそうである。

14拍手

拍手する

オビワンさん

ガンバッタ:30点

2011.07.03


[写真を拡大]

お風呂にアマガエル来訪。調べてみると、アマガエルというのは大まかに3種類ほどいるとのこと。我が家に来たカエルは、ニホンアマガエル。鼻先から耳のうしろまで黒い筋があり、鼻先がとがらない。カメラを向けると、いささか緊張気味だった(ように見えた)が、じっと収まってくれた。爬虫類、両生類のなかで唯一、愛らしさを覚えるのが、このアマガエル。

13拍手

拍手する

オビワンさん

ガンバッタ:10点

2011.06.18


[写真を拡大]

 昨夏、オシロイバナが一本だけ勝手に生えてきた。鳥の糞からではないかと言われてすっと納得がいった。この真上に郵便ポストがあって、そこに鳥の白い糞がペンキをこぼしたように落ていたことが度々あったからだ。オシロイバナは、たった一本ながら白い花を咲かせたあとヤギの糞を思わせる種をありったけ落とした。今年はご覧のように大家族となった。来年はどうなるか、いささか心配だが、まずは花咲くのを心待ちにしている。

13拍手

拍手する

オビワンさん

ガンバッタ:100点

2011.03.29

震災による福島原発の事故は、予断を許さないし、すでに甚大な被害を及ぼしている。事故の終息が第一義ではあるが、代替エネルギーの開発や省エネのエコライフスタイルなどに本腰を入れていかなければならないのでは。いままでのような努力目標でなく。あとはその変化に対応する覚悟だけではないだろうか。

17拍手

拍手する

総件数:20件 PAGE 1/2 1 2


みんなのエコ日記を見る

【PR】

 

ログイン

ゲストさん、

[新規登録] [パスワードを確認]

エコナビアクションメニュー

【PR】

  • 東京環境工科専門学校 コラム連載中!